目的地不明な自分探し日記です。 Let's Boyakkey With Me!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」
2006年11月19日 (日) | 編集 |
観ました~。
まさにオカンと一緒に。

大泉洋の「ボク」も良かったけど、田中裕子のおかんは本当に可愛くて、みんなに愛されていた感じが出ていたね~。

それにしても少年時代、あんなに賢そうなのに、大人になってからいきなりあんなに小汚くなってしまって…
ほんと、リリー・フランキーにちょっと似てた(笑)


原作を先に読んでいると、やっぱりちょっと「あれ?」って部分も多かったかな。
正直、感情移入しづらい部分もあった。仕方ないけどね。

母親と彼女って、全然別ものだと思うし、
それですれ違うって実際あるんかな~。
ちょっと理解不可能。

このあたりのやり取りはドラマならではだね。
でも、ドラマはドラマで良かったと思う。


そして、ドランク塚地の出番が思いのほか多かった!
結構、撮りなおしシーンが多かったってことか…。

スタッフ&キャストは本当に大変だったでしょうね。
本当にお疲れ様でした。


「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」
大泉洋の日記
http://www.office-cue.com/cue_diary/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。