目的地不明な自分探し日記です。 Let's Boyakkey With Me!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NANA2
2006年12月11日 (月) | 編集 |
002.jpg


観て来ました。

公開2日目だけど、思ったより混んでなかった。
有楽町だからか?Σ(゚Д゚;

大きな流れは原作通りなのかな。

市川由衣のハチは悪くないのだけど、宮崎あおいの方がやっぱり可愛かったかな~。
元の顔がキツ目だし、わたしの好みじゃない(マテ

宮崎あおいの降板理由のひとつが、「自身が求める女優像と同作のキャラが違う」だったと思うけど、原作ほど過激なシーンはなし。
あれくらいなら、続投しても良かったんじゃないかなぁ。

=過激なラブシーンをしたくないから、
だけじゃなく、ハチのキャラ(生き方)に共感出来なかったから?
そう思う人も多いんじゃないかな。



シンはかなりイメージに合ってる!
ってか、前回の松山ケンイチがひどs(ry

レンはカッコいいのだけど、最初出て来た時、誰?って感じで、地味っていうかオーラがないような…。
腹が出てても松田龍平の方が良かったのかな。
微妙(笑)

新宿のライブシーンって、実際にゲリラでやったんだよね?
確か。
中島美嘉は兎も角、他のメンバーは手パクばればれなんじゃ…。

トラネスのライブシーン=伊藤由奈のプロモ?って感じ(笑)



シンとレイラのエピソードは全面カット。
美里の登場も無し。
やっぱり脇まで細かくかける時間は無かったか…。


原作読んだ時から、同じ感想を持っていたのだけど、ハチが妊娠発覚した時点での彼氏はノブなんでしょ。
それで、タクミを選ぶって…ありなの?
やっぱり納得出来ないなぁ。
そんなに、ノブとは即席な関係だったの?
でも、それがハチっていうキャラなのかも知れないけどね~。

ナナに比べ、「何も無い」自分に、
子どもを授かったことにより、母性本能が目覚め、生き甲斐を持つっていうのは、ほとんど女性はありそうだから、
リアルではあるのかも知れないね。


周りがハチを許せないって言っても、仕方無いとは思っちゃう。
みんないい人だなぁ。


でも、感動的なシーンもあったし、全体的には面白かった◎




NANA2(2006)

監督・脚本 : 大谷健太郎
原作 : 矢沢あい
出演 : 中島美嘉 、 市川由衣 、 玉山鉄二 、 姜暢雄 、 丸山智己 、 本郷奏多 、 成宮寛貴

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ブログ村のランキングに参加しています。
「役に立った!」と思ってくれたら、クリックしてくれるとうれしいです。
スポンサーサイト
テーマ:NANA2
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
ぴょん吉が本郷へ
ぴょん吉が本郷へ発覚する?
2006/12/12(Tue) 12:00 | URL  | BlogPetのぴょん吉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。